【反物・未仕立て】縫い締め絞り着尺 片貝木綿 紺仁工房

480030-a2/ms0347

49,500円(税込)

定価 57,200円(税込)

購入数



木綿で、きもの生活!

これから着物をはじめたい方も、すでに着物に慣れ親しんだ方にも、気軽でリーズナブルな普段着としておすすめの木綿きものをご紹介です!こちらは新潟県小千谷市の片貝町、紺仁工房で生産している縫い締め絞り木綿織物です。







日常着としての着物

きもの生活=日常の着物と言えば、思いつくのは木綿のきものです。

木綿は古くから日本人の普段着として親しまれてきました。各産地で伝統工芸として多くの木綿織物が伝承されています。また着物に限らず、ハンカチ、タオル、Tシャツ、ベットカバーなど、木綿は、わたしたちの暮らしのそばにある身近な素材といえるでしょう。

木綿着物の魅力は、なんと言っても実用性の高さです。生地が丈夫で、熱や洗濯に強い木綿は、自分でお手入れすることができる素材です。そのため多少の汚れも気にせずご着用いただけるかと思います。お着物のお手入れ費用が抑えられることも嬉しいですね。

木綿の着物は(一般に)単衣仕立てにします。通常、着物での単衣仕立ては夏シーズンに着用しますが、木綿では夏を除いた春秋冬の3シーズンで着られています。そして単衣仕立てのもうひとつの利点が、その軽さです。日常着として使いたい木綿にとって、負担の少ない軽さは「動きやすさ」にも繋がりますので、きもの生活を楽しむ大切なポイントになるのではないでしょうか。

丈夫な生地。お手入れが楽。軽くて動きやすい。木綿で楽しい、きもの生活!はじめてみませんか!







片貝絞りについて

片貝木綿をベースにした絞り染めを施したものが片貝絞りです。木目のようなランダムな模様が生まれた絞り柄は”縫い締め”という技法で創作されています。丈夫でしっかりとした生地は、普段着としても扱いやすく、万一水に濡らしたり汚してしまっても、簡単にお手入れできるという安心感も魅力のひとつです。

着用時期は9月〜翌5月がおすすめです。盛夏(7・8月)は夏向きの木綿生地である浴衣や麻きものに譲る感じです。また冬場は、近年ではあったか素材のインナーを着用したり、羽織やコート(防寒コート)やショールを併用して防寒対策を行います。







自分だけの着こなしを探して

シンプルな木綿の着物は、コーディネート次第で様々な着こなしが可能です。半巾帯で気楽な装いも良し。お太鼓結びができるおしゃれな名古屋帯を選べば、帯締めや帯揚げのコーディネートも楽しめます。




商品紺仁工房 片貝木綿
縫い締め絞り反物
状態新品/反物・未仕立て
素材綿100%
長さ長さ:約12.5m 巾:約39cm
備考日本製



 
追加加工は、
下記リンクからご注文下さい。
【水通し加工】
【お仕立て加工】



 
お仕立ての柄合わせ
【柄合わせG】がおすすめ
詳しくはこちらをclick!



  

カテゴリーのご案内


  

お手入れの詳しいご案内はこちら

新規会員登録